スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
個人面談
小学校の個人面談があり、学校へ行ってきました。
娘の学校は2学期制なので、夏休みや冬休みの前に通知表を貰ってくることがありません。そんなわけで、夏休みに入ってすぐの家庭訪問や、冬休み前の個人面談で「ふりかえりカード」なるものを見ながら先生とお話をする機会が設けられています。
(なんて言うか、小学校での2学期制のメリットがイマイチわからない私には、このリズムにもまだ慣れないでいます。)

「ふりかえりカード」
子供が自分で勉強や生活を振り返り、自己採点します。そして先生のコメントがつきます。
夏の時よりとても丁寧な字で書かれていたことに、まず驚きました(笑)
ちょっとは成長しているのね~♪

先生のお話は「それ、誰の話ですか?」ってくらい良い子のお話で、なんだか変な感じでした。
うちでの様子とあまりに違うんですけどぉ(大汗)

確かに保育園の頃から、「娘さんは何の問題もありません。ちょっとお給食を食べるの遅い位で(苦笑)お友達ともトラブルなく仲良く遊べているし、かと言って自分の意見が言えずに我慢ばかりしているわけでもないですし。」と言われ、古株だった彼女は新しいお友達のお世話係にもなっていつの間にか先生に頼られるような子供でした。

どうやら小学校に入ってもそうみたいで・・・

席替えして先生の目の前だとは聞いていたんだけど、隣にはちょっと問題のある子を置いて、娘にお世話をお願いしていると。

えええ~っ?!

それでも結局、一生懸命世話を焼く娘にも悪影響が出て、今はその子は娘の隣から先生の隣(教壇の並び!)に移動しているとのコトで、見てみると娘の隣は誰もいなくて一人ぼっちの様子。

驚きました・・・

さらに。

ちょっと前にあった娘の「学校に行きたくない事件」(てほどじゃないけど)について話をすると、どうも先生は事態を把握していなかった様子。
と言うか、娘は嫌な事も嬉しかった事も色々な事を先生に話しまくっているようで(汗)先生もどれが深刻なのか分かっていなかったみたい。

う~ん、手が掛からない子って先生にあまり見てもらえないんだな。
ってあらためて感じた個人面談でした。

テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児

【 2006/12/21 22:37 】

| 小学生 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<クリスマス会 | ホーム | エール>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://megnon.blog80.fc2.com/tb.php/30-194f7ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。