スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
おかたづけ
PTA活動の一環である、家庭教育学級(保護者向け教育プログラム)「完璧を目指さない片付け術」講演会に参加してきました。
講師は「かたづけmom」の小関さん。

雑誌で片付けや収納の特集があるとつい目がいってしまうくらい片付けが苦手な私σ( ̄▽ ̄;
掃除が苦手なわけじゃないですよ?(得意でもないけど )
我が家で片づけをしてくれるのはもっぱら夫で、私と子供達は散らかし魔でいつも怒られているのです。とほほ
散らかっている方が落ち着く、と言う悪い習性もあるんだけど。
やっぱりスッキリ綺麗なお部屋も憧れます。
自分では、どうも「面倒くさがり」なのと「分類が苦手」なのがネックなんじゃないかと分析。
先生もおっしゃっていたけど、「片付けやすい環境」を作る事が出来ないんだと思う。
「片付け」と言うのは「継続」が必要な事なので、まずは生活しやすい片付けしやすい環境が必要なんだって。

そう言う意味では、我が家の片付け大魔王の夫も本当の意味での片付け上手ではないのだと思う。
しまったら次に使うのが大変!とか、そう言う感じなので。

で、うちの娘達のように、そう言う綺麗な環境を知らないまま大人になってしまうと、その子も片付け出来ない大人になってしまうと言う悪循環に陥ってしまうとの事で。
きゃーーー(>_<)どうしようっ
先生のお話を伺って、できる事からでも少しずつ実践していかなくちゃ、と思いました。

いくつか目からウロコな事があったので、ご紹介。
(片付けられる人からしたら、そんなの当たり前って事なのかもしれませんが(^^;)

★大きな分類は必要だけど、細かく分類してはいけない。

★片付けは1アクションで済ます。(子供の収納にフタ付きの箱などはタブー)

★捨てるかとっておくかの判断は「また手に入るか、二度と手に入らないか」「使っているか、使っていないか」
 よく収納術などに「子供の作品は写真に撮って捨てる」とあるが、それは最終手段。
 子供の作品は唯一無二の物。それを捨てる前に自分の何年も着ていない服を捨てる。

★古い教科書は取っておいても使う事はまずない。
 過去に習った事を勉強する必要が出てきたら、参考書などあるし、今はネットで教科書も購入できる時代。

★時間を決めてリセット(片付け)する。
 いつもずっと綺麗をキープする必要はないが、1日の中で2度は綺麗な状態に戻す。


思い出の品などをいつまでもとっておく性格はなかなか変えられないのだけど、「いつか使うかも」と思って何でもとっておく習性は変えようとしています。
物を減らして「頑張らなくても」片付けられる家を目指そう!(笑)

テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

【 2011/10/29 20:26 】

| つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<久しぶりのツーリングオフ | ホーム | いつかの箸休め>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://megnon.blog80.fc2.com/tb.php/1298-3d95a9c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。